北八劇場 こけら落とし公演大盛況!!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年5月にオープンした札幌駅北口の『ジョブキタ北八劇場』のこけら落とし公演『あっちこっち佐藤さん』が追加の1ステージを含めて31公演、大盛況で大いに沸きました、5000人の皆さまにご覧頂き、劇場は素晴らしいスタートで幕を開けました。

* これまでの『北八劇場』関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 千秋楽の公演終了後はトリプルカーテンコール、満席のお客さんのスタンディングオベーション、手拍子数回、とにかくフィナーレは出演者とお客さんが一体となり、劇場空間いっぱいの興奮と熱気でした!!!

千秋楽繰り返しカーテンコール!!

千秋楽繰り返しカーテンコール!!

 ダブル、トリプルキャスト、ほかに裏方の皆さんも含めて大活躍、よく頑張りました。

 札幌・北海道の演劇がこの北八劇場のオープンで一層盛り上がっていくことを期待したいですね。稽古期間を含めてほぼ3か月、この劇場のスタートに相応しいクオリティーを目指しての納谷真大芸術監督ほかの皆さんのご努力に、心から感謝し敬意を表します、本当にお疲れさまでした。これからも素晴らしい演劇創造をよろしくお願い致します。

『3か月でマスターする世界史』

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 NHKのドキュメンタリーほか歴史番組は本当に素晴らしい見識と視座からの制作、『3か月でマスターする世界史』も『歴史総合』につながるユーラシアの歴史からの解説できわめて興味深いです。書店でテキストも続けて買いました。

* 3か月でマスターする世界史 - NHK

 以前からこれまでの日本の歴史教育が「日本史」、「世界史」と区分している現状に対して、より地球規模でとらえる「歴史総合」的な視座の重要性が叫ばれてきました。今回のこのNHKの企画はそれを実践するような極めて斬新な内容になっていると私には感じられます。

 例えば文明の発祥を単に川の流域と位置付けるのではなく、遊牧民の果たした役割、さらに狩猟民族、農耕民族を繋ぐ働き、ユーラシアを舞台にしたモンゴルの位置づけ等に言及している点、アジアにおける中華王朝の国の治め方とヨーロッパの帝国主義的発想の違いが何れ17世紀に衝突し始める過程、大航海時代、イギリス・オランダの東インド会社の経済的目的から軍事力を強めての侵略性、とにかく繋がりを追い求めての歴史の必然性が語られて実に説得力がありました。

 私の高校時代、こんな授業を受けていたらもっと「歴史」に興味を惹かれたのかもしれません。寺島実郎さんの『戦略経営塾』で度々言及されてた「17世紀オランダ論」の重要性もこの流れで心に響きます。

*寺島文庫『戦略経営塾』ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

栗山監督MLB視察レポート

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 栗山英樹監督の教育者としての資質には以前から敬服していますが、先日のNHKテレビでMLB視察を通じての新たな選手育成を模索している様子に益々期待をしたいものです。
* これまでの関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 テキサスレンジャーズのクリス・ヤングGMも監督の仕事について語っています。

* レンジャーズ、元球宴右腕ヤング氏が新GMに就任 - MLB : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

 テキサスレンジャーズのブルース・ボーチー監督。彼は1995年からパドレスの監督を務め98年にはワールドシリーズへ進出、07年からはジャイアンツの監督に就任。10年、12年、14年には世界一に輝き、19年限りで勇退、監督通算2003勝(2029敗)の名将です。風貌も語る言葉もまさに哲学者ですね、奥が深いです。

* 【MLB 2023】レンジャーズの新監督に名将ブルース・ボーチーが就任 | MLB4 (mlb4journal.com)

 ドジャースのアンドリュー・フリーマン編成本部長の組織運営に関する発言も的を射ています。

* 大谷翔平獲得の功労者は元金融マン ドジャース・フリードマン編成本部長の手腕 - 産経ニュース (sankei.com)

 日本ではプロ野球関係者というと、とにかく野球だけをやってきた方々の印象が強いですが、本場アメリカでは人生を語るタイプの哲学者、教育者といったイメージを感じます。日本ではむしろ高校野球の監督さんたちに選手育成、起用に教育的発想を垣間見る気がします。そろそろ日本のプロ野球界も昭和の根性論、過去の自らの栄光にのみしがみ付くような選手育成から脱却して欲しいですね、評論の世界でも張本勲、中畑清はもうオールドファッション、別室のサロンで飲みながらでも語って頂ければ十分です。

 栗山英樹監督の今後の動きに注目しますし、期待したいですね!!

出張 de あれこれ

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 出張中に、ふと見る景色は時々大変新鮮な印象になります。

 先日の千葉県館山市の駅前のドウダンツツジの植栽、見事に刈られていました、ちょうど札幌の自宅の剪定もしなければとは思っていたので。北海道では6月中旬でしょうか、花が咲き終わって少しした時期を考えています、昨年刈る器具も買ったのでそれほど難しい作業にはならないです。

* 館山関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

千葉県館山駅西口(海岸側)

千葉県館山駅西口(海岸側)

 一方東京の恵比寿では、折からのハワイアンイベントが広場で賑やかに開催されていて、その人混みをかき分けてタワー上階レストラン階エレベーターに乗りました。開店前に到着したのでしばし眼下の都内渋谷方面を眺めていました。

* 最近の渋谷の様子ーー> 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » 変わりゆく東京 2023! (akiyama-foundation.org)

 翌日早朝の浜松町界隈、日曜日の朝は東京もさすがに静寂、私はこんな静かな大都会が好きですね。思い起こせば1995年1月の早朝の新宿、まだ真っ暗だったけど阪神淡路大震災直後に新宿都庁横を歩いて見上げていたのを何故か忘れられないですね。

 変わりゆく東京の街、九段会館も新装開店となっていましたし。

* 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » 新装「九段会館テラス」!! (akiyama-foundation.org)

中学校同期の集まり

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 中学校の同期の集まり、4年ぶりに多くの人でにぎ合う東京恵比寿のタワーで語り合いました。73歳、もう卒業してから60年近くを経て、忘れかけていた記憶も、それぞれの方が話す固有名詞から芋づる式に思い出すから不思議ですね。

* 関連記事2016年ーー> 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » 祝、附属札幌中学校70周年! (akiyama-foundation.org)

 ゆったりした時間の中で、それぞれのこれまでの人生を自然体に語る時間は心地よいものでした。

 同じ歳の男性、それぞれが魅力的で心地よかったですね。ただ、同期の中には「もう自分には二度と連絡をしてこないでくれ」と言った人間もいたとか、何だか少し気落ちしました。たとえ良い思い出ばかりでなくとも、過去の交友関係を懐かしむことなく、断ち切ってどんな充実した人生を送るというのでしょうか。

 恵比寿タワーの高層階の寿司屋から東京の街を見ると、今の私には何とも無機質、生活の匂い・音が聴こえてこないばかりか、地震等の自然災害時にどうするのかと不安を抱いてしまいます。

 何はともあれ、中学校同期の代表幹事の一人の私としては、これまで札幌でほぼ一回も同期会を開いていないので、他の代表幹事と早速連絡を取り合って、今年中に一度札幌で同期会を企画すると約束して参りました。やれることは今やらなければといった年齢になっていることだけは、集まった皆さんの共通認識でしたから!!!

海軍記念日 2024

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 1年に一回しか足を運ばない場、今年も5月27日の海軍記念日に、『北海道全海軍慰霊祭』が札幌護国神社で催されました。毎年同じ写真をアップしていますが、亡くなった父がこの例祭を護国神社にお預けした『北海道全海軍の集い』の最後の会長だったこともあり、私の中では毎年厳かな気持になります。年々戦争体験当事者の方々は減り、今年は海上自衛隊余市の方も幹部は見当たらず、どこか寂しい例祭と感じたのは私一人ではなかったのではないでしょうか。

* これまでの記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 本殿での例祭では、毎年反橋宮司の内容の濃い祝詞とこの例祭の拠って来る所以のお話、玉ぐし奉奠では最初に名前を呼んで頂いたり、私の心に染み入ります。これからは直接体験された方々に代わり、そのお話を受け継いだ私の世代以降の方々が、この慰霊祭を機に何か今日の日本国の在り様を振り返る、そんな時間にしたいなと思います。もちろんただ賛美することではなく、恒久平和への日本の果たすべき役割、できる貢献についですね。今の日本の政治の体たらく、経済の埋没等を憂うだけでなく、新しい国際社会での存在感を示したいみたいな心意気を見せたいものです。

新潟経済同友会御一行が来道!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 新潟経済同友会の北海道視察グループが札幌を訪問して交流会がありました。今年創立30周年、新潟から札幌丘珠空港のトキエア株式会社の定期便での到着、短い時間でしたが航空便新路線開設ほかで大いに盛り上がりました。

* 新潟経済同友会 (niigata-doyukai.jp)

* トキエア (tokiair.com)

 同じテーブルで隣の席の新潟経済同友会副代表幹事・村山政文さんとも親しくお話をさせて頂きました。早速、御礼のお葉書も届いています。

 当日は、トキエア株式会社の代表取締役CEOの長谷川政樹さまもご出席、今後の抱負も語って頂きました。またサプライズ企画で大谷似翔平さん・真似子夫妻(?!)もご出席!!!

* https://news.yahoo.co.jp/articles/863e4d7085d60f6275426cf0ef8cf0be3ec86225

 そして、当日参加者と記念撮影も。

 翌日は、地元企業訪問とエスコンフィールドにも足を延ばすとのこと、今後とも意見交換を続けて行きたいですね、北海道訪問ありがとうございました!

 ケンユー会愛生舘支部総会 2024

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 (株)スズケンの出身者の会『ケンユー会』総会・懇親会が、今年も開催されました。コロナ禍を経て今年でフル開催の2回目、皆さんそれぞれの健康問題は抱えながらもお元気な様子で何よりでした。

* これまでの会の記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 今年も名古屋から大場会長と田中本部長。大場さんは昨年の写真が不本意だったようで、今年は少し下がってセンターポジションを確保してほっそり目に写っています!!!

 昨年の写真はこちら、お二人の巨漢に挟まれた私のスマートなこと!!

 今年4月から愛生舘営業部部長に就任した藤井さん、堂々たるご挨拶でした。

 会場のホテルに向かう途中、久しぶりに道庁中庭の池周辺を通りました。街なかに大木も数々、札幌の扇状地の伏流水の出口としての池は、この150年変わらず水を蓄えています。

 道庁中庭の大木の如く、秋山愛生舘・スズケン出身者の皆さんもいつまでもお元気でいて欲しいですね、夏の納涼会、そして来年の総会もまたお会いしたいものです。

学校林、春の散策会 2024

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 私の母校の同窓会幹事期主催の『学校林春の散策会』が、晴天の中、開催されました。

* 一般財団法人札幌南高等学校林 (rikka-forest.jp)

* これまでの学校林関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 貸し切りバス組の集合場所、札幌南高正門前は遅咲きの桜も咲いていて。

 バスで約30分、清田区の有明小学校校庭に集合しての開会式、今年は子供たちを含めた家族連れも多く参加していて賑やかでした。

 三つの班に分かれて『造林育人』碑までの散策、その間に3カ所で企画活動委員会メンバーがそれぞれ学校林の素晴らしい説明をしていました。

 約2時間の散策を終えて、有明小学校校庭で昼食タイム。宮澤校長(中央)、今年4月に着任された中村事務長(右)、六華同窓会学校林委員会の横山委員長とご一緒にジンギスカン、たこ焼き、おにぎりを食べながらの楽しいお話でした。

 それぞれに時間を過ごしながら最後は記念の集合写真、今年も大勢の参加者で和気あいあいの時間となりました。

Carlin & Aiden, 卒業おめでとう!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 私がお世話になったKevin Stewartの長男Aiden、次女Carlinが、それぞれ今年大学を卒業したと妻MariaさんのMessengerでアップされていました。3年前には長女Islaも卒業しています。

* 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » R.Kevin Stewart 氏、逝く (akiyama-foundation.org)

* 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 2021年には長女のIslaも大学卒業しています。

説明がありません

 当たり前ですが、幼い頃から知っている二人と長女Islaの、それぞれ皆成長した姿、嬉しいですね。

 下の写真は2012年にKevinのお墓参りにボストンを訪れた時、自宅で撮影したもの、十数年経って当時の幼かった子供たちもそれぞれ大学を卒業して立派な社会人になりました。

 もう何回も書いていますが、私にとって一生忘れることができない恩人でした。アラスカの釣り、ボストン周辺・フロリダのゴルフ等のリラックスタイムはじめ、もちろん現地法人の責任者として濃密に意見交換した日々、全てが当時の私にとっては学びでした。

 Isla、Carlin、 Aiden、おめでとう、そしてMariaさん、ここまでお疲れさまでした、皆さんのご多幸をお祈りしています!!!

祝 ダルビッシュ 200勝!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 アメリカメジャーリーグのダルビッシュ有投手が、日米通算200勝を達成しました、嬉しいですね。

* これまでの関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 日本ハムファイターズ時代、東京から札幌に向かう飛行機内で通路を挟んで隣に座った彼のCAへの丁寧な応対を今も鮮明に覚えています。当時細いイメージでしたが、近くで見るとがっしりした下半身と太い腕も焼き付いています。アメリカに向かう決断をした時の札幌での記者会見時の写真、凛々しい彼の姿、そして今も頑張っている彼に心からのエールを送りたいですね!!

沖縄密約、妻の視点から

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 NHKEテレの「沖縄密約」に関する番組、『汚名 沖縄密約事件 ある家族の50年』は注目でした。

* これまでの関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

~~~~~~~~NHKのHPから

 沖縄返還時の日米の密約に迫った新聞記者、西山太吉の逮捕から52年。起訴状に書かれた「情を通じ」が国家の密約の問題を男女のスキャンダルへと塗り替えていった。渦中にあった太吉の妻、啓子がつづった日記がある。国の圧力や社会の好奇の目の中でもがき苦しんだ夫婦の記録でもある。著書「密約」で知られる作家、澤地久枝が読み解く啓子の葛藤。残された家族が初めて知る両親の苦悩。事件に翻弄された記者と妻の思いに迫る。

~~~~~~~~

* 関連する記事ーー> NHK・Eテレ特集「汚名 沖縄密約事件」あれこれー出演の大住広人さん - 毎友会 (maiyukai.com)

 1971年の沖縄返還協定に絡み、取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となりました。東京地検特捜部でその起訴状を書いた佐藤道夫検事、起訴状では、西山記者は外務省女性事務官と「ひそかに情を通じて」、これを利用して秘密文書を持ち出させたとし、この言葉で国家の密約問題から、スキャンダル事件へと本質がすり替えられ、当時、マスメディアを誘導しました。実はこの事件とは無関係ですが、数十年後に、私が札幌の会社の関係で紹介された東京の弁護士事務所代表が何とこの佐藤道夫さんのご子息でした。

 NHKディレクターの土江真樹子さんは長い間の取材に裏付けられた分厚い記録、そして奥様の日記にたどり着いて、今回の番組が制作されていて、彼女の執念とジャーナリズムの力を感じた次第です。

皐月(さつき)の奈良 2024

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年9月の秋山財団贈呈式に先立つ特別講演は、奈良・薬師寺の大谷徹奘https://www.tetsujo.net/執事長を予定していて、先日は事前にご挨拶をしに奈良を訪問しました。境内には修学旅行生もいて、もう50年以上前の高校時代を思い出しました。これまで寺島実郎戦略経営塾では大谷執事長とは何回もお会いしてお話も伺っていますが、今回は1時間半以上応接室で向かい合っての面談、深いお話がたくさんありました。

* 薬師寺関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 写経を行うお堂を眺める応接室で。

 ちょうど奈良公園の奈良国立博物館では空海の生誕1250年を記念して空海特別展』が開催中、閉館時間までに何とか間に合ってじっくり見学してきました。

* 空海 KŪKAI | 奈良国立博物館 (narahaku.go.jp)

 曼荼羅の本来は球形とか、「縁」とはその「ふち」を意味するようです。

 今年9月の秋山財団の特別講演会は大谷執事長が全国で展開している『法話』の一環として、財団としては初めての宗教家をお招きしての開催となります、研究者にとっても一般市民にとっても楽しみですね。

 奈良の古き街並みは変わらず魅力ですね。

興福寺

興福五重塔と猿沢の池

北八劇場 グランドオープン!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 札幌駅北口に新しい劇場『ジョブキタ北八劇場』が完成、こけら落とし公演『あっちこっち佐藤さん』で初日幕開けしました、これから約一か月30ステージ・キャスト27パターンで絶賛公演中です。

* これまでの『北八劇場』関係記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

 私は初日に観劇、満席のお客さまで大いに盛り上がり感激しました。その後のささやかな関係者のお祝いの会で、これまでご尽力された方々のお言葉も心に沁みました、私もここを運営する田中財団の評議員としてひと言ご挨拶。

 グランドオープンの様子はメディアにも大きく取り上げられていました。

 田中重明理事長の冒頭ご挨拶。

 報道されていたように、5か年計画では1年間に6本以上の主催公演を企画して、「劇場のある街づくり」を目指す意気込みで芸術監督の納谷真大さんは抱負を語っています、楽しみですね。

 先ずは今回のこけら落とし公演、皆さん頑張って!!!!

DXセミナー開催 2024

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 「DXセミナー 2024』が開催されました、昨年の『INAZOマルシェ』の流れを受け継いでの企画です。内容等はアプリ『INAZOマルシェ』に登録してご覧下さい。

* INAZOマルシェ (studio.site)

*  秋山孝二の部屋 » Blog Archive » INAZOマルシェ 2023(上) (akiyama-foundation.org)

* 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » INAZOマルシェ 2023(下) (akiyama-foundation.org)

 共催した札幌商工会議所の経済センタービルからの札幌時計台のレアな景観!

 セミナー冒頭に私のプレゼン20分。

 北海道大学経済学部の平本先生のご講演も刺激的でした。

 午後の最初は(株)テックサプライのDX/HXの事例報告です。

 北海道大学医学部の海老原先生の手術現場でのDX活用事例、これからの医療に希望を与える実践報告でした。

 午前10時から午後4時過ぎまでの長丁場、準備をして頂いた時津さん、幡社長、宮澤さん、福間さんほか、皆さんお疲れさまでした。

春、真っ盛り@札幌 2024

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 札幌の春はやはりゴールデンウイーク明けでしょうか、庭の花も先を争うように咲き競っている感が。

 そして、もうすぐ大通公園のライラックも本番を迎えるのでしょう、春の香りとともに。

学生たちが反戦デモ!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 イスラエルのガザ侵攻に反対して、アメリカ・ヨーロッパの名だたる大学で反戦デモが起こっているニュースが連日報道されています。

* https://jp.reuters.com/world/security/LYZWJTGHBBPVXNDSKUVABL4YCA-2024-05-03/

ニューヨークのコロンビア大が15日に予定されていた全体卒業式を中止にしたそうです。 大学側は「全体の卒業式でなく学生が同僚と共に個別に祝う単科・学科レベルの記念式を中心に行うことにした」と伝え、行事場所もキャンパス内でなく外部の総合運動場に変更しようです。

 それ以外でも、学生たちの抗議行動で掲げている条項は多岐にわたり、特に資金提供につながる投資関連にも言及しています。

 この秋の大統領選挙にも影響を及ぼしそうな行動になっているのがすごいですね。

 私の世代は、ベトナム戦争反対を背景とした1960年代後半の世界的なスチューデントパワーの高まりとその後のヨーロッパ各国での政治体制の変革、革命、そんな時代を生きてきました。今、世界各地で勃発する戦闘・戦争、歴史から学ぶことなく戦争を引き起こす輩が絶えません。今の自分に何ができるのか、そんな悶々とした気分でモーニングショーを観ていました。

* 映画『いちご白書』ネタバレあらすじ結末と感想|映画ウォッチ (eiga-watch.com)

公開稽古 @ 北八劇場

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今月11日から『ジョブキタ北八劇場』のこけら落とし公演『あっちこっち佐藤さん』の初日前の稽古が二日間それぞれの方々に公開されました。

* 『ジョブキタ北八劇場』秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

* 『あっちこっち佐藤さん』公演日程・キャスト発表! | 一般財団法人 田中記念劇場財団 (tmtf.jp)

 一日目は、普段なかなか演劇を観る機会に恵まれないお子様連れの親子の回、夜は今回の演目に因んで佐藤姓のみの方々、二日目は一般の方30名程度限定で。私は二日目に参加しましたが、普段なかなか観ることができない稽古風景は面白かったですね。

 場面を区切っての繰り返しの振り付け検討、セリフの修正等、きめ細かな演出家の指摘にテキパキと応えて演じる俳優に皆さん、11日からの1か月ロングラン公演は楽しみです。

札幌駅から地下通路で

札幌駅から地下通路で

新しい空間から二階へ

新しい空間から二階へ

私、副代表幹事に就任!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 北海道経済同友会 (hokkaido-doyukai.jp)の副代表幹事に、この度私が就任しました。1996年から幹事になって以来28年間お世話になっていて、この間、私は所属・役職変更が6回もありましたので今さらという感じではありますが。経済同友会は基本的に経営者個人の登録が基本なので、札幌・北海道をこよなく愛する私は永らくここで研鑽を積まさせて頂いています。

* これまでの経済同友会関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

* 経済同友会の歴史ーー> 経済同友会の歴史 | 経済同友会 (doyukai.or.jp)

 先日の年次総会後の懇親会で、簡単に就任ご挨拶をさせて頂きました。私には経済同友会幹事のロールモデルがあり、それは「2013年にお亡くなりになった東京の経済同友会終身幹事の品川正治さんです」とお話しました。

< 品川正治さん関係の記事 >

* 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » 品川正治さん、逝く (akiyama-foundation.org)

* 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » 「品川正治さん」お別れの会 (akiyama-foundation.org)

* 秋山孝二の部屋 » Blog Archive » 品川正治さんが問いかけたもの (akiyama-foundation.org)

品川正治 に対する画像結果

 役職・所属は代わっても、私がこよなく北海道を愛する気持ちには何も変わりがありません。これからも一経営者として自らの時代認識を研ぎ澄まし、理想を掲げて社会の羅針盤的な発言を続けていきたいとあらためて決意した次第です。

常見陽平くん、ガンバって!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 高校のはるか後輩で昨今の若い世代の意識を積極的に発信している常見陽平くんが、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」に時々出演し始めています。率直な物言いは痛快ですが、前回はかなりカメラを意識してかえって不自然な笑顔がぎこちなかったように私には見えましたが、解説は簡潔明瞭でこれからも楽しみです。

* 常見陽平ーー> 陽平ドットコム~試みの水平線~  (yo-hey.com)

 同じ番組に時々温暖化等の気象関連トピックで出演する立花義裕教授「三重大学気象・気候ダイナミクス研究室(気象学・気候力学・気候変動) (mie-u.ac.jp)、彼も同じ高校の11年後輩、ユニークな海洋温暖化による気象変化の解説が面白いです。

 メディアに登場する後輩たちを見るのは心地よく誇らしい気持ちになります。そう言えば、残念ながら急逝した外岡秀俊くんも私の3つ後輩、朝日新聞記者として活躍し、最後はフリーのジャーナリストとして札幌に戻ってきていました。

* 外岡秀俊くんの関連記事ーー> 秋山孝二の部屋 (akiyama-foundation.org)

外岡秀俊さんの言葉~明晰な文章で本質を究めようとした記者の鮮やかな軌跡 - 川本裕司|論座 - 朝日新聞社の言論サイト