ガンバレ 『BLOSSOM』 !

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 昨年4月に秋山財団で開催した高校生チーム『BLOSSOM〜北海道高校生ネットワーク〜https://chiiki-bosai.jp/index.php?gid=15188』との勉強会、コロナ禍の中9か月を経て代が代わりましたがしっかり受け継がれて、今、新たな活動計画で進んでいます。

* 2020年4月の様子ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=38277

 先日は新しい体制を秋山財団がどう応援していくか、リモート会議を行い、新たな活動の方向性が見えてきた気がします。それぞれの自宅と地下鉄駅のコンコースからのメンバー参加、コロナ禍の中ゆえの企画にポスト・コロナの活動形態を垣間見た思いです。

秋山財団事務所でリモート!

秋山財団事務所でリモート!

 活動するには厳しい環境ですが、こんな状況の中で貴重な経験としてたくましく前に進んでくれることを祈っています、ガンバレ、BLOSSOM!!!

アクリル板でコロナ対策!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 新型コロナウイルス感染防止策として、「アクリル板」が随所に使用される昨今です。秋山財団でも本日の会議に向けて「リモート」と「リアル」の「ハイブリッド環境」を整えて開催予定です。

座席ごとのアクリル遮蔽板とリモート用の画面+マイク+カメラ!

座席ごとのアクリル遮蔽板とリモート用のモニター画面+マイク+カメラ(机奥)!

* 秋山財団の新しい会議の環境関連記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=40383

 他の事例としては、ホテルのフロントデスクでもアクリル板が活躍しています。

ホテルのフロントで

ホテルのフロントで

 羽田空港のANAラウンジでは仕切りとしても曇りアクリル板が随所に使われています。

空港のラウンジで

空港のラウンジで

『妄想ふたり旅』長崎編!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 昨年末のJcomでのスペシャル番組、『妄想ふたり旅・長崎編』は楽しかったですね!!

https://www2.myjcom.jp/special/jtele/mousoufutaritabi/nagasaki/index.shtml

~~~~~~~~~HP より

 旅先での出会い、発見からオリジナル妄想ストーリーを創作。 倉本聰、小山薫堂が「妄想ふたり旅」に出る! 12月25日ほか、テレビ&スマホで放送! ◆番組特設Webページ https://www2.myjcom.jp/special/jtele/… ふたりが訪れた旅マップ、薫堂さんが撮影した旅の写真を公開中です! ◆番組内容 毎回ひとつの街のそれぞれが訪れてみたい場所を訪問し、その土地の文化や風土、人々にふれながら行く先々で妄想を膨らませ、旅の最後にその土地を舞台にしたストーリーを創作。 記念すべき最初の旅先は、倉本さんが訪れてみたかった地、長崎。 いったいどんな妄想ストーリーが生まれたのでしょうか…? 出演 倉本 聰 小山 薫堂 特別ゲスト さだ まさし ナレーション 中嶋 朋子

~~~~~~~~~

 さだまさしさんの「詩島(うたじま)(http://nihonshima.net/sima4/nagasaki/utajima.html)」他を訪問して、番組の最後にはこれらの土地を舞台にしたストーリーを創作するユニークな番組。間のお二人のトークが実に味があり興味深いものでした。

母、97歳でスマホ!!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 昨年9月、私の母は満97歳の誕生日を迎えました。一昨年からは姉の家で暮らす毎日、2021年の年始も元気に迎えることができました。以前まで楽しんでいた合唱、ダンスはお休みしていますが、スマホを相変わらず駆使して、メールを多くの方々に送信し、時々は動画にも登場しています。

* これまでの母の記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E5%AF%BF%E7%BE%8E

 一方、私の父は1月7日が命日、2006年に亡くなりました。

* これまでの父の記事ーー>

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E5%AE%8F

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%AE%8F

母のマンションで

父の命日に:母のマンションで

 人それぞれの「いのち」、まだ一歳を迎えていない孫から97年間を生きてきてる親族たち、社会の変遷をそれぞれの「生命」が一日一日紡いでいく姿に、何とも言えない感動を覚える新しい年のスタートです。

朗読劇 配信 !

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 昨年末のクリスマスイブ、札幌座コラボ企画、配信で朗読公演『ススキノを爪弾く、聖夜の憂哀歌(ブルース)HTB onライン劇場』は素晴らしい音声と映像で、再び感動しました。ズームアップの画像は配信ならではの魅力、舞台のライブ感とは一味違った面白さで楽しめます。

* 2019年12月の公演の記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=37618

* 2020年版のご紹介ーー> https://twitter.com/htb_on_theater/status/1343702268533592065?fbclid=IwAR2C0mbaexyERrlIoH9QBjfRcLGnCRq9HqjUWpMEjD2svhrmmGR37GeHHHI

札幌座コラボ企画 再演 朗読公演 すすきのを爪弾く「聖夜の憂哀歌(ブルース)」|HTB onライン劇場

 今回は、HTBの新しいスタジオから、

左 福田太郎(HTBアナウンサー)、中央 斎藤歩、 右 西田薫

右 山木将平

西田薫さん

西田薫さん

斎藤歩さん

斎藤歩さん

山木将平くん

山木将平くん

HTB さん

福田太郎さん

再度、三沢・青森への訪問!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年は雪が少ない札幌、三が日の早朝に一回だけ少ない雪を除けました。

早朝日の出前!

早朝日の出前!

 この数年、新渡戸稲造繋がりで盛岡・十和田へ足を運ぶ機会が増えていますが、昨年末にも三沢、青森に行く機会がありました。大雪でJRが運休だったり道路も積雪で交通渋滞でなかなか苦戦でした。

 まずは『八甲田山雪中行軍遭難資料館http://www.moyahills.jp/koubataboen/』。小説・映画・テレビでも再三取り上げられている明治期の雪中行軍遭難です。今回資料館を訪問して、「実は」といった幾つかの秘話もあり、改めて当時の状況下における陸軍の機密ゆえの真実を知ることができました。青森隊と弘前隊との比較から浮かび上がる当時の陸軍の不協和音等、「歴史は後から造られる」、しっかりした検証が私たちに課せられた使命ですね、今もその体質が日本国政府・官僚の中に強く残っているからです。

 一昨年に続いて、『三沢市寺山修司記念館(https://www.terayamaworld.com/museum.html』も訪問しました。

* 一昨年訪問時の記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=37283

~~~~~~~HPより

 当館は遺族の寺山修司の母はつ氏より三沢市に寄贈された遺品を、保存公開するために約3年の歳月をかけ建設されました。寺山修司と親しかった粟津潔氏のデザインをもとに、九條今日子氏をはじめとする元天井棧敷のメンバーなど数多くの関係者のアドバイスを得て平成9年 7月に開館を迎えました。

 延床面積約833平方メートルの展示棟とホワイエ棟が渡り廊下でつながり、上空から見るとその様はテラヤマ演劇・映画の小道具として登場した「柱時計」を彷彿とさせます。ホワイエ棟外壁には149枚の陶板が貼り込まれ、寺山氏と交流のあった約30人のメッセージ陶板がテラヤマ作品を題材にしたものとともに、にぎやかに彩っています。テラヤマ芸術はもとより、当市の総合芸術発信基地としての一翼も担っています。

~~~~~~~引用 おわり

特別展も

特別展も

 三沢市の名物『ほっき丼』にたくさんのバリエーションがあることも初めて知りました、今回はそのうちの一つだけでしたが。

謹賀新年 2021 !

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 新年明けましておめでとうございます!札幌は−12℃の元日の朝、テレビでは富士山からの初日の出を中継していました。

今年もテレビ朝日の羽鳥さんモーニングショーから

今年もテレビ朝日の羽鳥さんモーニングショーから

 年末ぎりぎりに一般配信に以下がアップされ、「本編映像」の35分過ぎから私も少し登場!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SAPPORO TOUR with English !
* 札幌演劇シーズンのYouTubeチャンネル
からご覧になれます。
また、以下のURLをクリックすると、直接ご覧いただけます。
* ツアー本編映像(75分) https://youtu.be/aKZPEqa3o5M
* 北大編パフォーマンス部分映像 https://youtu.be/pdqwkWucqTI
* 道庁赤れんが庁舎でのパフォーマンス部分映像 https://youtu.be/5TaMAlJyzMM
* 豊平館でのパフォーマンス部分映像 https://youtu.be/QD2Buz9Gsgc
 次は12月の寺島文庫リレー塾、講師は法政大学の田中優子総長で江戸時代研究の第一人者ですが、そこから考察する現代の認識は鋭く切り込むお話でした。

法政大学田中学長の講演より

法政大学田中学長の講演より

 更にNHKテレビの『逆転人生』、ラグビー全日本チームのメンタルコーチ・荒木香織さんのお話、素晴らしかったですね。

~~~~~~~~~~~~番組HPより

 日本代表が、劇的な逆転トライで南アフリカに勝利した2015年のラグビーW杯。当時の選手や監督が「功労者」と感謝するのが、スポーツ心理学者の荒木香織さん。荒木さんはメンタルコーチとして代表チームを支え、選手たちの心を鍛えあげた。実は荒木さんには、かつて大一番で失敗し、緊張との向き合い方に悩まされた過去があった。スポーツ史に残る逆転劇に秘められた、人生の逆転劇を紹介。大舞台に強くなりたい方、必見です!

~~~~~~~~~~~~

『逆転人生』メンタルコーチの言葉より

『逆転人生』メンタルコーチの言葉より

 そしてもう一つ、年末に、1961年製作『ナヴァロンの要塞(https://movie.walkerplus.com/mv6619/』を観ました、昔は最後の巨大な大砲が爆破されるシーンしか覚えていなかったのですが、先日はそこに至るたくさんの会話の中に、実に味わい深い意味合いを見出して、当時はそんなやり取りの深さも受け止めることなく観ていたことが分かり、歳を経て昔の映画を再度楽しめる幸せを感じた次第です。

 元旦の朝日新聞のこの記事、米津玄師は只者ではないですね、実に深いお話に合点がいきました。

 今年一年、また気持を新たに前を向いて進みたいものです、皆さま、よろしくお願い致します!!!!

2020年 大晦日に思う

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 2020年の大晦日、今年はコロナ禍で思うところがたくさんありますね、変化を「実感」した年でした。

* 『コロナ禍』関連記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%A6%8D

* これまでの大晦日の記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E5%A4%A7%E6%99%A6%E6%97%A5

 変化の『実感』、まずは、私の自宅でもう40年近くご一緒だったお向かいの方が12月に引っ越され、見慣れたお家があっという間に取り壊されて更地となり、景色が一変しました。庭の木々が重機でなぎ倒され、立派な住居の壁がどんどん剥がされて落ちるさまには心が痛みます、何か思い出までもが壊されていくようで。でも、これも時の流れですから受け入れるしかありませんね、来年からはどんな方がいらっしゃるのか、自宅前ゆえに気になるところです。

お向かいが空地に

お向かいが空地に

 次は、札幌駅北口東の『札幌卸センター』にあった(株)秋山愛生舘本社、1998年からは(株)スズケン愛生舘営業部の建物(すでに桑園地区に移転済み)でしたが、長年の検討を経て、北口再開発がいよいよ本決まりのようです。私の20数年の会社経営のキャリアは、この建物で培われたもの、企業経営の全ての思い出が詰まった場所です。ここを離れて22年を経ても、いつもJRから見る景色にたくさんの思い出が脳裏に浮かんでいました。

 思えば再開発の話は、1980年代から幾度となく出ては消えていました、50年前くらいは流通団地としてトラックバース等も設置されていましたが、時代の急激な変化で立地は商業地域へと変化し、いよいよ札幌市の「卸団地」としてのプロジェクトは終焉を迎えました。スタート時からキーテナントだった「ダイカ」、「丹波屋」、そして「秋山愛生舘」、みんな企業として別名で進化しています。JRの窓から見る景色も近いうちに一変するのでしょうね。

いよいよ再開発スタートか!

いよいよ再開発スタートか!

 三つ目は、劇団『イレブンナイン(http://eleven9.jp/)』のアトリエ公演です。今年新たに移った稽古場での公演、若手が岸田國士(きしだくにお)作品、『命を弄ぶ男ふたり(https://www.amazon.co.jp/%E5%91%BD%E3%82%92%E5%BC%84%E3%81%BF%BC%88%E4%B8%80%E5%B9』、『ヂアロオグ・プランタニエ(https://www.aozora.gr.jp/cards/001154/card44787.html)』に挑みました、ナイストライでこれからの役者としての進化が楽しみ、私にとっては今年最後の観劇でした!

年末アトリエ公演も!

年末アトリエ公演も!

 更に、2020年年末年始、自宅からほど近い北海道神宮参道は様変わりの静けさ、コロナ禍でのソーシャルディスタンシングで、露店は一つもなく、初詣も一体どんな景色になるのでしょうか!

北海道神宮境内、露店ゼロ!!

北海道神宮境内、露店ゼロ!!

 毎年、年末は一年を振り返りながら、来年こそは!と気持を新たにしたいと思うのですが、今年は特に新型コロナウイルス感染により、そんな気持もヒトシオです。私自身、今年2月のコロナ騒ぎが起きてから、これはかなり長期戦となると思って、急な自粛ではなく、活性は下げながらも粛々とこれまでの日常生活、出張も続けて過ごそうと心に決めていましたので、この間の駅・空港・各地の様子の変化を、具に見て取れました。飛行機のマイレージから検証すると、例年の1割7分くらい減で今年は終わっているので、この時期としては動き続けたと言えますね。

 ただ、リモートでの会合、ワークショップ、講演会が殆どになり、しっかり日付・主催者を記録しておかなくては、全てのイベントが同じパソコンの画面上なので、記憶がダブって上手く頭のファイルに仕舞い込めません。そして、このスタイルは来年以降、『ポスト・コロナ』として定着していくのでしょう。

 現に、秋山財団の会議室も年明けの理事会・評議員会・選考委員会開催に向けて、リモートとソーシャルディスタンシング確保でハイブリッド仕様に準備を整えています(http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=40383)。

 歴史的な2020年、たくさんの皆さまにお世話になり何とか私自身過ごすことができました、心から感謝申し上げます、どうかよいお年をお迎えください!!!

枝廣淳子さん主宰勉強会

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 枝廣淳子さん主宰の異業種勉強会第64回、今回は五箇公一さんをゲストに『ウイルスから学ぶ生物多様性と持続可能な社会』と題して幅広い奥深いお話を基調講演に、さらに参加者ともブレイクアウト・ルームでさらに個別の意見交換もできました。

* 第64回ーー> https://www.es-inc.jp/network/forum/2020/nwk_id010768.html

* これまでの枝廣淳子さん関連記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E6%9E%9D%E5%BB%A3%E6%B7%B3%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93

 ブレイクアウト・ルームでは参加者の皆さんと個別の意見交換も密に。

 前半は専門的な視座からのお話でしたが、後半は今の地球における人間社会への警鐘というか、社会科学的、人文科学的なアプローチからも鋭いお話があり、多様性の意味、グローバリズムの本質的価値みたいな深い領域へも見識の深さを示されました。

 五箇公一さんのオフィス、ここまでのこだわり、自己主張、あっ晴れ、ですね!

ダニ博士の面目躍如!

ダニ博士の面目躍如!

祝 卒寿、和久奈ちよ!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 私の叔母、和久奈ちよは、今年9月に満90歳をめでたく迎えました、『卒寿』です。先日、東京でささやかなお祝いの昼食会を開催しました。

* これまでのちよさんの記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E5%92%8C%E4%B9%85%E5%A5%88%E3%81%A1%E3%82%88

 (公財)ワグナー・ナンドール記念財団の堅田憲弘評議員も駆け付けてくれました。益々お元気で過ごして頂きたいですね!

新時代 まほろば塾 @ 薬師寺

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 奈良・薬師寺の『まほろば塾(https://www.mahoroba21.jp/』は、今年は中止となっていましたが、先日から新たに配信による新しい時代でのスタートを切りました、『まほろば塾オンライン配信(https://www.mahorobadoga.jp/』です。

* これまでの『薬師寺』関連記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA

 先日は再開第一号として、スペシャルゲストのお二人、細川護熙元総理大臣と寺島実郎多摩大学学長、コーディネーターは薬師寺の大谷徹奘https://www.tetsujo.net/)幹事長です。大谷幹事長は1999年から「心を耕そう」をスローガンに全国各地を駆け巡り、年間約300回の法話会をされています。

 第一部は寺島実郎さんの特別講演、1964年に修学旅行で訪れた時、当時の高田好胤管主のお話に感動されて以来、奈良、薬師寺とのお付き合いの経緯をお話されました。

お二人の対談+コーディネーターの大谷

第二部はお二人の対談+コーディネーターの大谷徹奘幹事長

 最後は、加藤朝胤管主の簡潔明瞭な締めのお話、素晴らしく充実したひと時でした。

薬師寺管主

薬師寺・加藤朝胤管主

WWFの提言 2020

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 WWF(https://www.wwf.or.jp/aboutwwf/)の小西雅子さんには、以前にも枝廣淳子さんのワークショップで直接お話を伺ったことがあります。

 先日は、WWFの提言について、その背景・根拠の詳細な説明と提言内容について、大変分かりやすくご紹介して頂きました。

* WWFの提言ーー> 『気候変動に取り組む企業が求める 3つの戦略と9つの施策 ~自然エネルギーの電力を利用しやすい国に~https://www.wwf.or.jp/activities/statement/4231.html

.htmlWWF小西雅子さん

WWF小西雅子さん

【戦略】

1. 2030年までに国全体の発電電力量の44%以上を自然エネルギーで供給する。
2. 2030年までに自然エネルギー(太陽光と風力)の発電コストを化石燃料(石炭とガス)の発電コストよりも低減させる。
3. 2030年までに自然エネルギー100%の電力を他の種別の電力と同等の価格で販売する。
*自然エネルギー100%の電力:環境負荷の低い自然エネルギーだけで発電したCO2フリーの電力(基礎排出係数・調整後排出係数ともにゼロ)

緻密な数値検証を経た提言!

緻密な数値検証を経た提言!

* 関連する提言ーー> https://www.renewable-ei.org/pdfdownload/activities/Proposal_RE-Users_JP_200131.pdf

専門家と社会課題!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 8月に続いて(http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=39504)村上陽一郎先生と、今回は千葉大学の神里達博先生とのトーク『専門家とは何か』でした(https://wirelesswire.jp/2020/12/78251/)。

* 村上陽一郎先生のコロナ禍へのコメントーー> https://diamond.jp/articles/-/249014

村上陽一郎先生

村上陽一郎先生

 神里達博先生は狂牛病対策の検証から今回のコロナ禍における専門家のポジショニングへの言及をされました。

神里 達博(かみさと たつひろ)
千葉大学大学院国際学術研究院教授
1967年生まれ。東京大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。三菱化学生命科学研究所、東京大学・大阪大学特任准教授などを経て、千葉大学国際教養学部教授、同大学院総合国際学位プログラム長。大阪大学客員教授、朝日新聞客員論説委員、日本学術会議連携会員などを務める。専攻は科学史、科学技術社会論。著書に『文明探偵の冒険』(講談社現代新書)、『ブロックチェーンという世界革命』(河出書房新社)、『リスクの正体』(岩波新書)など。

千葉大学  先生

千葉大学神里達博先生

 ポスト・コロナ時代の専門家のポジショニングに対して、大変示唆に富むお話でした。

【動画】 SDGs AWARD 表彰式!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年10月10日にアップした『第二回SDGs AWARD 表彰式』の動画が公開されました。2時間近くのオンライン表彰式、私も最後のご挨拶(1時間55分30秒くらいから)をさせて頂きました!!素晴らしいひと時でした、若い方々、これからも頑張って下さい!!

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=39843

◆第2回SDGsクリエイティブアワードオンライン表彰式
https://www.sdgs.world/award_ceremony

哲学堂公園フォトコンテスト!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年、東京都中野区の哲学堂公園(https://www.tetsugakudo.jp/で、第一回の『哲学堂公園フォトコンテスト(https://www.tetsugakudo.jp/photocon.html』が開催されました。

* 受賞された各賞作品はこちらーー> https://www.tetsugakudo.jp/facture.html

 その中で、ワグナー・ナンドール作品に関連するフォトの受賞作品は以下の二つでした、最初のコンテストで二つも受賞したのは嬉しいですね。

フォトアート賞

フォトアート賞

祈りのかたち

* これまでの哲学堂公園関連の記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E5%93%B2%E5%AD%A6%E5%A0%82%E5%85%AC%E5%9C%92

大幅に増加、リモート形式!!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 2020年は2月下旬からのコロナ禍により、リモート形式の会議、ワークショップ、セミナー等が大幅に増えました。本来は著作権の理由から画面を撮影してブログにアップするのは違反なのでしょうが、実際に会場に足を運んでいる訳ではないので、どうしても画面を撮影して記録して記憶にとどめておかなければフォローアップの復習が難しくなります、お許しください。

 手元にある数か月の写真だけをアップしますが、大変な数のリモートセッション、目の疲れが重なり先月久しぶりに眼科に行きました。特段の治療はなく、30分毎の休憩と適度な運動、ウイズ・コロナ時代のスタイルなのでしょうね!

新渡戸連続講座 第5回 2020

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 『新渡戸連続講座 第5回 2020』、今回は新渡戸稲造研究家の三上節子さんによる新渡戸稲造が生前最後に北海道を訪問して数多くの講演を行った濃密な旅程をもとに、新たな新渡戸稲造との北海道人脈を掘り起こしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「新渡戸稲造の離道後二度目で最後の来道〜各地での演説とエピソード〜」

三上 節子 (新渡戸稲造と札幌遠友夜学校を考える会理事・新渡戸稲造研究家)

〜昭和6年国際連盟顧問として函館、札幌、母校、遠友夜学校、小樽、旭川、帯広、釧路などへ〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 定員30名のところ24名(道民カレッジ受講生7名含む)のご参加があり、コロナ禍の中、安全対策をしてのご参加に敬意を表します。「新渡戸稲造の離道後二度目で最後の来道〜各地での演説とエピソード」と題して、1931(昭和6)年5月14日~28日までの行程を特長模造紙4枚に書き、各地の当時の新聞記事を横書きにタイプした32頁の資料集でお話を進められました。新渡戸が一日4回の講演の日があったり、連絡船内、駅の構内でも講演するなど、新渡戸に体力があった時期だったのでしょうね。平和、教育、産業育成と人間の生き方などの講演だったことが新聞記事から窺われます。司会:秋山 受付:金子 書籍販売:村口

* これまでの新渡戸連続講座ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E6%96%B0%E6%B8%A1%E6%88%B8%E9%80%A3%E7%B6%9A%E8%AC%9B%E5%BA%A7

 冒頭、私がご挨拶と三上節子さんのご紹介をさせて頂きました。瀬戸篤先生からはクラウドファンディングについてチラシをお配りしてのご紹介もありました。

 今回の講師は三上節子さん。

 短い期間に実に数多くのご講演を駅での待ち時間等にも行い、精力的に各地を訪問された様子に、並々ならぬ当時の新渡戸稲造博士の熱意をくみ取り、あらたな感動を覚えました。

秋山財団の12月 2020

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 2

 12月に入り、雪が積もる程に雪もなく、一部凍結した道路はツルツル状態で危険です。先日もゴミ出しに早朝外に出ると、鏡のように光った道、2年前に滑って足を骨折した私としては、慎重にも慎重に歩いて戻りました。

* 2年前の骨折ほかーー>

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=32609

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=32759

今年12月の路はツルツル!

今年12月の路はツルツル!

 そんな中、秋山財団では年明けの1月に、理事会、評議員会を開催予定です。新たなウィズ・コロナ時代の会議形態として、リモート環境を整えるべく、回線の強化、大型画面・集音マイク・カメラの設置等を用意し、さらに財団会議室にお越しになる方々のためには、アクリル板を左右と正面に設置する準備をしています。

大型リモートモニター!

大型リモートモニター!

正面・左右にはアクリル板(正面は保護シールそのまま)

正面・左右にはアクリル板(正面は保護シールそのまま)

 今年1月の理事会、評議員会とは様変わりの会議開催状況、恐らくは今後もこの環境整備は続けていかざるを得ないのでしょうね。

 一方、先日の北海道経済同友会の幹事会、ソーシャルディスタンシングが可能な会場での会議では、増々広いスペースでの会合になってきています、とうとう向こう側は空と雲!!!

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=38987

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=39599

北海道経済同友会幹事会で

北海道経済同友会幹事会で

 「新しい日常」は、財団運営にも大きな変化を促しています、先日、次年度事業計画を検討しながら、改めて感じた次第です。

さよなら資本主義 !

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年はコロナ禍の影響もあってか、これまでの『資本主義』を問い直す番組が数多くあり、いずれも大変興味深いものでした。先日も、多彩な視座からのメッセージは心に響きました。

* https://www.youtube.com/watch?v=P6khqkKXJ6U&feature=youtu.be

 『Choose Life Project』は、テレビの報道番組や映画、ドキュメンタリーを制作している有志で始めた映像プロジェクトです。「誰が、こんな世の中にしてしまったの?」と嘆く前に、まず“私”がその責任を取る。映像を通じて、この国の未来を考えます。

【概要】

 資本主義とは一体なんなのか?なぜ格差はなくならないのか? コロナ禍で困窮者は増える一方、株価は過去最高水準となっています。 資本主義は本当にずっと続いていくのか? さよなら資本主義?シリーズ第一弾。歴史編です。

【企画】

D2021 & Choose Life Projecthttps://www.youtube.com/channel/UCmNMnTpz7kk_D3oGcx1XvrQ

【D2021とは?】

https://www.instagram.com/d2021_official/?igshid=1qjiylda7sp8b

【出演】

田代伶奈(哲学の人/D運営)

永井玲衣(哲学研究者/D運営)

坂本龍一(アーティスト) 後藤正文(アーティスト)

安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

水野和夫(経済学者)

斎藤幸平(経済思想家)

 水野和夫(経済学者)さんのプレゼンから。

 参加の皆さんからの多彩な示唆に富むご意見が。コーディネーターの永井玲衣さんの小気味よい進行が、参加者の率直な発言を導いていたような気がします!

素晴らしい方々のトークの数々!

素晴らしい方々のトークの数々!

 早速登録して、これからもChoose Life Project』を追いかけます!!

寺島文庫リレー塾 第4回 2020

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 東京の九段下にある「寺島文庫ビル(https://www.terashima-bunko.com/」には、一階にカフェがあります。Wi-Fi環境も整い、今回は近くのホテルで早朝講演会があり、終了後に午後からの寺島実郎戦略経営塾の間、昼食を取り、3時間程、ここで配信動画再生と仕事をさせて貰いました。

 『寺島文庫リレー塾(https://www.terashima-bunko.com/bunko-project/relay.html』の今期(第11期)も始まっていて、ここ文庫で第4回録画をゆっくり観ました。今回は、藤原帰一先生、相変わらずの冷静な分析と現状認識、日本国内でのメディア報道とは少し違った角度と認識が新鮮でした。特にトランプが大統領選挙に敗れても、共和党内、アメリカ国民の中でのトランプ的勢力は残り、アメリカの分断は容易には解決しないだろうとの看立ても。

 バイデン政権は上院の共和党過半数の状況で、かなりの妥協をせざるを得ない展開を予想されていました。

 新政権の対中国戦略は注目ですが、その中での日本の立ち位置も、これまでのアメリカ一辺倒では難しい展開になるのは容易に想像できます。今現在、日本の貿易相手国は、いわゆる「グレーターチャイナ」で50%を超えているのですから。

 日々のマスメディアからは得られない貴重な知見収集の場として、このリレー塾は貴重です。

* これまでの寺島文庫リレー塾の記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E6%96%87%E5%BA%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC%E5%A1%BE