NHK総合『飽食の悪夢~』

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 少し前になりますが、先月、NHKスペシャル「2030 未来への分岐点」をビジュアルな情報満載で伝える動画シリーズの第2回は、日本の状況と世界の動きを的確に伝えてくれていました、シリーズを通じて「分岐点」といわれているのが2030年、あと10年しかありません

NHKスペシャル「2030 未来への分岐点」飽食の悪夢~水・食料クライシス~

https://www.nhk.or.jp/d-garage-mov/movie/280-9.html

 EAT財団では、科学者と連携し、「プラネタリーダイエット」を提唱、地球にとっての理想の食事を発表しました。食事の半分は野菜で、週に食べる肉の量を7割以上削減、豆やナッツからタンパク質を取ることをすすめています。こうした様々な対策で、2030年までに飢餓をゼロにし、持続可能な食料生産を達成できるか。未来への分岐点2030年まで、あと10年・・・。

 生産に大量の穀物と水を必要とする「肉」の消費量を減らすために、人工肉の開発が注目されています。スタンフォード大学の医学者らが起こしたベンチャー企業では分子レベルで肉を解析し、大豆やココナツオイルを原料に肉汁まで再現。牛肉と比べ、水の使用量や温室効果ガスの排出量を大幅に減らしました。日本でも大手ハンバーガーチェーンが、人工肉バーガーを開発。

 食料廃棄はもちろん大問題です、一方、現在のコロナ禍で、日本では食料のライフライン、食材の質・量・物流が十分繋がっているのでパニックにはなっていませんが、食物自給率30%台では、長引く状況の中、食材を輸入に頼っている現状は安全保障の観点からも早急に変えていかなければなりませんね。

メディア・アンビシャス表彰 2021

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 私も世話人の一人の『メディア・アンビシャス(http://media-am.org/)』、「表彰式 2021」がZOOMによるオンライン方式で初めて開催されました。昨年はコロナ禍で急遽中止となりましたが、今年は新たな形で開催、ご協力は「北海道大学東アジアメディア研究センター(https://ceams.imc.hokudai.ac.jp/」でした、心から感謝致します。

~~~~~~~~~~~

* 2020e5b9b4e5a4a7e8b39ee6849fe683b3e69687

選考経過

 今回選考対象とした作品は昨年1年間(202011日―1231)に発表された記事、ドキュメンタリーです。活字、映像の2部門に分けて会員から推薦を受け、ホームページから閲覧、視聴できるようにしました。そのうえで、1月初めの意見交換、中旬の映像の集中上映を経て、月末の最終選考会で投票・審査の上、各賞を確定しました。

【活字部門】 オブザーバー会員を含めた推薦は新聞・週刊誌の記事に加え、ネット上のレポートも初登場し、総計37本を数えました。コロナ禍、安倍長期政権、核ごみ処分をはじめとした原発問題の記事が目立ちました。大賞となった「ヘイトスピーチ」(正式なタイトルなどは右ページ)は、民族差別のありようを冷静な分析で描き出していました。メディア賞の「子どもへの性暴力」は昨年の大賞にも輝いています。同じテーマの連載で2年連続入賞は初めてですが、報告の深刻さを受け止めたものです。学術会議問題のスクープでアンビシャス賞になった「しんぶん赤旗電子版」は初めての入賞です。政党機関紙の掲載記事ということで論議もありましたが、スクープの重さが優先されました。特別賞の北海道新聞、関口裕士編集委員は執筆記事への推薦も多く、長年の原発報道への取り組み姿勢として評価されました。

【映像部門】 推薦は30本に上りました。賞には入りませんでしたが、「家を失い車に住む人たち」「家庭に恵まれず行き場を失った青年たち」「病気のために自分でも思いがけない動作に悩む人たち」など普段光の当たらない問題を取り上げたドキュメントに投票がありました。大賞の「報道特集」(TBS)は選考対象とされた財務省近畿財務局の職員自殺はもとより、同日に取り上げられた学術会議問題の報告内容の濃さが印象的で、日ごろのジャーナリスティックな報道姿勢が高評価されています。ちなみに活字部門の入選となった「週刊文春」の記事も近畿財務局の職員自殺の事案で、森友学園問題に対する関心は持続しています。メディア賞の忘れられた「シリア難民」はコロナ禍の下、より深刻な困難に直面する女性,子どもに焦点を絞っていました。アンビシャス賞となったHBCの「ヤジと民主主義」は当会月例会でいち早く取り上げた経緯もあります。この作品をはじめ北海道関連に題材を取った推薦作品が今回は6本を数え、道内放送局の意欲的な取り組みを示しました。(文責・山本)

【映像部門】

▽大賞 報道特集 「独自入手・森友学園問題9時間半の音声記録

学術会議問題・官邸のキーマンとは?TBSHBC 1017日)

▽メディア賞   1024日)

▽アンビシャス賞 HBCドキュメンタリー「ヤジと民主主義~小さな自由が排除された先に~」(426日)

▽入選        RKB毎日( 418日)

証言記録 東日本大震災「埋もれた声25年の真実~災害時の性暴力~」   NHK31日)

【活字部門】

▽大賞      (朝日新聞夕刊 615-19日)

▽メディア賞    (朝日新聞朝刊 123日から5)

▽アンビシャス賞 「菅首相、学術会議人事に介入 推薦候補を任命せず 安保批判者らを数人」 (しんぶん赤旗電子版 101日)

▽入選      現場へ!コロナと憲法 (朝日新聞夕刊 76-10日)

「見えない予算 一般社団法人に1.3兆円」(毎日新聞朝刊 1014日)

(週刊文春 326日号)

▽特別賞      関口裕士編集委員(北海道新聞):「核ごみ処分地 選定足踏み」(711日)「核のごみを考えるヒント」(913日)「神恵内・寿都 核ごみ説明会を終えて」(102) 「核ごみ調査 動機は財政難」(15)など一連の原発問題報道について。

 冒頭に上田文雄代表に代わって、私からお祝いの言葉と開催のご挨拶を述べました。

 受賞者からはたくさんのメッセージも頂き、特に「市民から評価を受けた」ということに大変価値を感じ、感謝すると同時に今後の取材活動、番組制作に励みたいというお言葉を多く頂くことができました、こちらも大変嬉しかったですね。

* これまでの「メディアアンビシャス」関連記事ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%B7%E3%83%

チカホ震災イベント 2021

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 秋山財団ネットワーク形成事業助成(2015~2017年度助成)代表者 根本 昌宏様(日本赤十字北海道看護大学 教授)のアウトリーチ活動の一環として、さまざまな社会貢献活動(特に防災啓発・災害支援活動)を行っている高校生のボランティア団体『BLOSSOM(https://chiiki-bosai.jp/index.php?gid=15188』による活動、札幌市内チカホで二日間イベントを開催しました。

 東日本大震災から10年。風化させてはいけない。この節目に今、高校生ができることは何なのか。チカホに訪れる札幌市民の防災に対する意識を高め、コロナ禍を生きる高校生が一種の災害とも捉えられるこの状況をいかに乗り越え、いかに未来を創っていくのかを示す防災展。
1) VR・写真で災害を見る
2) 被災講話を聞く
3) 災害時の行動を考える

* https://www.akiyama-foundation.org/news/4203.html

 冒頭ご挨拶は、フォトグラファーの鈴木貴之さん、この間、被災地の様子を撮影続けています。

 続いては宮城県東松島町からお越しの武山ひかるさん、「被災者」で一括りにされる理不尽さほか、10年経って成人になり、当時を振り返ってその意味を発信され、テレビ取材も複数ありました。

 向かいのブースでも対話型も。

 当日の様子が新聞各社でも記事になりました。

『BLOSSOM』メンバー

『BLOSSOM』メンバー

3・11から10年を迎えて

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 2011年3月11日の東日本大震災から10年、今年はこれまで以上に多彩な企画番組が多かったような気がします。録画して観ましたが、原発事故ほか、メディアの報道に関わっている方々の貴重な意見交換の場もあったりで、新たな気付きも多かったです。

 福島原発事故を検証する内容の濃い番組、10年を経て当時の状況を語る当事者たち、今後の危機管理に必ず活かしていかなくてはなりませんね。

 次は『クローズアップ現代+(https://www.nhk.jp/p/gendai/ts/WV5PLY8R43/)』のキャスターを4年間務めていた武田真一さんが3月末で卒業です、熊本地震の時の報道が印象的でした!

* https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/199/index.html

 そしてこちらは、各局で報道に関わっている方々の貴重な意見交換の場、特に渡辺宜嗣(のりつぐ)さんのお話に重みがありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あしたの命を守りたい〜NHK民放 取材者たちの震災10年〜の出演者

 新人とベテランが平場で語り合い情報を交換する、素晴らしい企画だったと思います。東日本大震災ではメディアの大切さ、課題等、学ぶところが満載です、是非、次の報道に役立ててもらいたいものです。

靖國の桜 2021

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 先週の東京出張中のつかの間に、九段の靖國神社、芝大門の増上寺を散策しました。靖國神社境内の東京都の標本木も開花宣言が出ました。

 更に奥に行くと早咲きの桜も何本か。

 芝大門の増上寺霊廟から見る東京タワーは、まさに東京の中の東京ですね、ずいぶん昔に東京タワーに昇って都内を一望した時のことを思い出しました、近いうちにまた昇ってみたいものです。

 一週間後の今日は、都内の桜が満開とニュースで報道されていました。コロナ禍、二回目の春ですね!!

女性がリードする東北の未来 !

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 「リーダーズ from JWLI×米日財団『女性がリードする東北の未来』」は、女性リーダーを軸に活発な意見交換が展開されました。

当日の様子はこちらーー> https://www.youtube.com/watch?v=S8vRSnwc1gI

~~~~~~~~~~~~告知から

 第29代駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏からのビデオメッセージをいただきました!

 東日本大震災から10年。復興のための予算と支援が減っていく中で、地域の人々のために動き続ける女性リーダーたちがいます。この先の10年、20年を見据た持続可能な東北を築いていくために、米日財団とフィッシュファミリー財団はこの度協働で1,000万円の助成を決めました。

 本セッションでは、東北で活動する女性リーダー4人を招き、彼女たちが描く東北の現状と課題、そして未来についてお話を伺います。

【登壇者】
・ジェームズ(ジム)・T・ユーラック(米日財団 理事長)
・厚子・東光・フィッシュ(フィッシュ・ファミリー財団 創設者/理事)
・渡辺知行(米日財団 在日代表)
・澤目梢(フィッシュ・ファミリー財団 ジャパンプログラムディレクター)
・兼子佳恵(NPO法人石巻復興支援ネットワーク 代表理事)
・高橋由佳(NPO法人Switch 理事長)
・浜出理加(一般社団法人ワンエムイノベーション 代表理事)
・八木純子(一般社団法人コミュニティスペースうみねこ 代表理事)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

KEVIN in my mind !

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 2月20日、MariaさんがFacebookに投稿していました、もう亡くなって10年が経ちました。

~~~~~~~~~~~~

 Today marks both Kevin’s 59th birthday and the 11th anniversary of the day we received his diagnosis of brain cancer. This day is always one of bittersweet remembrance, but for some reason this year it’s harder. I am thinking about Kevin’s greatest gifts, Isla, Aidan and Carlin, and all of the life-defining moments he has missed and will miss. I like to think he can see them from above, but sometimes, no matter how happy and fortunate we are today, that’s not good enough…He was an amazing son, brother, husband, father and friend.

~~~~~~~~~~~~

 Kevin Stewartは、私にとって一生忘れることができない男です。10年を経て、3人のお子さんはそれぞれ逞しく大きく成長されて私も嬉しいです。下の写真はアラスカでキングサーモン他の釣りツアーを企画して、一日、氷河の先端で崩落する様子を海上から見学した時の船のデッキで!

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=10343

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=10482

* 関連記事 http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?s=KEVIN

SB2021 YOKOHAMA(4 最終)

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 基調講演の一つ、こちらも新しい概念が満載でした。

~~~~~~~~~~~

Regeneration understanding the endless Re-Imperatives of our microcosmos unlocking the innumerable fortunes of ecological economies.

UN SDG Advocate, Social Innovation, Climate Change, Agriculture, Food, and Beverage Expert

Marc Buckley

 企業の新たな挑戦も始まっています。

 そして今年の参加プログラムも一層多彩になってきています。

 今年のプログラム、リモート登録(有料)していると今月いっぱい配信で観ることができます、コロナ禍がリモート時代を促進し、新たな展開で更に盛り上がっていくことでしょう!!

SB2021 YOKOHAMA(3)

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 企業経営にも大きな変化が出てきています、素晴らしいパネルディスカッションでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特別企画CEO対談 ~サステナビリティ思考を経営に統合する~

https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2021/program.html

【Facilitator】

サステナブル・ブランド国際会議 ESGプロデューサー

サンメッセ総合研究所(Sinc) 代表
サンメッセ株式会社
専務執行役員経営企画室長 営業副本部長

田中 信康

【Panelist】

ジャーナリスト

福島 敦子

【Panelist】

株式会社三井住友フィナンシャルグループ

取締役 執行役社長 グループCEO

太田 純

【Panelist】

大和ハウス工業株式会社

代表取締役社長/CEO

芳井 敬一

~~~~~~~~~~~~~~~

田中信義さん

田中信康さん

福島敦子さん

福島敦子さん

太田純さん

太田純さん

さん

芳井敬一さん

 強く印象に残った言葉!

SB2021 YOKOHAMA(2)

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 盛りだくさんのプログラム、今年はリモートで参加しましたが、その後、アーカイブス配信も一か月間あり、見逃しのフォローアップもできて便利です。

* 今年のプログラムーー> https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2021/program.html

 その中からいくつかご紹介、まずは一日目冒頭のプレゼン!

~~~~~~~~~~~~~~ HPより

Day1 Welcome Address

『Sustainable capitalism』

MAGO CREATION株式会社(https://www.magogallery.online/

代表取締役美術家

長坂 真護

 ガーナのスラム街に広がる貧困問題と環境問題を解決するために行動する美術家長坂真護の活動の軌跡と、長坂が考える「サスティナブル・キャピタリズム」、そしてこの先着手するサスティナブルビジネスについて話します。

~~~~~~~~~~~~~~

長坂真護さん

長坂真護さん

 続いてはこのイベントの創設者、コーアン スカジニアさんのプレゼン

『WE ARE REGENERATION:Role of Brands』

Sustainable Life Media & Sustainable Brands

Founder & Chief Executive

コーアン スカジニア

グッド・ライフの実現

昨年はリアルで登場

昨年はリアルで登場 コーアン スカジニアさん

* 昨年の様子ーー> http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=38028

 その後も、NGO・NPO、行政、教育関連、企業経営者と続きました。

SB2021 YOKOHAMA(1)

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 『SB2021 YOKOHAMA(https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2021/』が、コロナ禍の中、今年も開催されました。

* 昨年の様子ーー>

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=38028

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=38056

リアル+リモートのハイブリッド方式で

リアル+リモートのハイブリッド方式で

二日間の多彩なプログラム

二日間の多彩なプログラム

グレートヒマラヤ撮影日誌 2021

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 NHK・BSプレミアム『グレートヒマラヤ撮影日誌(https://www.nhk.jp/p/ts/4MGJX68NZY/』は、先日ひとまず終了しましたが、毎朝、すがすがしい光景の連続でした。

神々しいジャヌー

神々しいジャヌー

 そしてカンチェンジュンガ(五大宝蔵)!

 素晴らしい光景を撮影するにはかなりの高度の地点までの登山が要求されます。

朝日を撮影する二人 fromドローン

朝日を撮影する二人 fromドローン

 恐らく私自身、生きてる間にま観ることのできない景色、映像の力を感じました。7年前にスイスのアイガー北壁を間近に見た時のことを思い出しました。神々しい山々、自然の畏敬を抱きます!

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=20136

桃の節句 札幌 2021

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年の3月3日、一昨日からの大雪で公立高校入試も一日順延となりました。JR、飛行機ともに運休・欠航が相次ぎ、「春遠し」の感です。一昨日夜からの雪かき、昨日早朝、夜、今朝と、連続の雪かきは70歳代となった私にとっては天からの恵み、運動不足を解消するものと、多少理屈に無理はあるものの前向きに捉えて過ごしています。

我が家のお雛さま!

我が家のお雛さま!

 この大雪で、秋山財団の小さな中庭には雪ならではの造形美!!

アウトドア用の丸テーブル!!

アウトドア用の丸テーブル!!

 塀の上に設置してある女性のブロンズ彫刻は首だけが雪の中からこちらを見つめています!

降りしきる雪の中で!

降りしきる雪の中で!

 思い起こせば2011年2月に千葉県勝浦市に豪快なお雛さまを見に行っていました、この数日後に東日本大震災が発生したのです、もうあれから10年ですね。

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=7602

 そして一昨年のこの日も記憶に残る記事でした、昨年、智帆ちゃんに妹の紬(つむぎ)ちゃんが生まれて、お姉さんになりました!

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=35340

コロナ禍で高校卒業式!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今日は、北海道の多くの高校卒業式が催されましたが、私も学校林財団(http://www.rikka-forest.jp/)理事長として来賓でご案内を頂き、全日制・定時制に出席してきました、2年ぶりでしたね。

 午前10時からは全日制卒業証書授与式!

 全日制の保護者が各1名のみ隣の第二体育館で映像3面、プロの映像会社がライブ配信で大好評、舞台後ろから卒業生全体を撮影したり、着席卒業生の間を全て通って一人一人を撮影したり。昨年東京、札幌の同窓会で支援したWi-Fiも大活躍でした!

第二体育館では保護者の方が生徒に1名だけ

第二体育館では保護者の方が生徒に1名だけ!

 校舎内には、蜜を避けながら思い出の写真撮影のためのコーナーも数か所設定されていました。

 さらにはサプライズ、学校創立125周年事業への功労として、卒業式終了後に、広田校長から感謝状を頂きました!

学校創立125周年事業への功労として