今こそ、日韓交流は「民」の出番!

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 昨今、政府・政治分野では何かギクシャクしている日韓関係ですが、私も関わってきた演劇分野では、民間による根強い信頼関係をこの間両国の関係者で構築してきています。(公財)北海道演劇財団は、もうずいぶん前から毎年のように韓国との交流を重ねてきました。今、その交流を札幌劇場連絡会に引き継ぎ、今年も11月のTGR札幌劇場祭に韓国から劇団も来てくれます。

 8月16日には、私が理事長を務める(公財)北海道演劇財団として理事長と芸術監督から、11月に札幌TGRで公演予定の韓国の窓口団体・韓国小劇場協会宛に以下のようなメッセージを送りました。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
韓国小劇場協会の皆さん、こんにちは。
皆さんお元気でしょうか?
私たちは今年も11月に、皆さんを札幌にお迎えできることを楽しみにしています。
私たち、北海道演劇財団は、韓国の演劇人の皆さんとずっと交流を続けてきました。
沢山の韓国の演劇人を北海道にお招きして、以下のような作品を北海道の人たちに見せてもらいました。
そのいずれもが素晴らしいものばかりでした。
私たちは、韓国の演劇人の皆さんと、私たち北海道の演劇人の友情が、今後も不変であること、そして、両国の個人が、演劇を通じて、友情と信頼を強めてきたことを誇りに思っています。
これまで、以下のような作品を携えて、韓国の皆さんが北海道に来てくださいました。
2007年 劇団青羽「足跡の中で」
2009年 TPS+青羽「蟹と無言歌」
2010年 パムンサ「その島での生存方法」
2012年 劇団十年後「蝶、飛ぶ」
2013年 劇団視線「嬖姫~王子を愛した2人目の后~」
2014年 プロジェクト・アイランド「アイランド-監獄島」
劇団可変「王女メディア-無惨なメディアの詩」
2015年 劇団テアトロ・ゴドー「ハイイェン~ベトナムから来た花嫁~」
プロジェクト・アイランド「アイランド-監獄島」再演
2016年 劇団青羽「私の名は河」
2018年 劇団青羽「そうじゃないのに」
北海道からも、北海道で生まれた以下の演劇作品を韓国の皆さんにお届けしてきました。
2008年 TPS「春の夜想曲」
2011年 TPS青羽「蟹と彼女と隣の日本人」
2013年 札幌座「亀、もしくは…。」大学路小劇場フェスティバル D-FESTA 参加
2014年 札幌座「亀、もしくは…。」ソウル演劇祭参加
2015年 弦巻楽団「死にたいやつら」大学路小劇場フェスティバル D-FESTA 参加
2017年 札幌ハムプロジェクト「からくりヌード」大学路小劇場フェスティバル D-FESTA 参加
そして2017年からは、北海道演劇財団と韓国小劇場協会との友好関係を発展させて、札幌劇場連絡会という、より幅広い札幌の劇場組織にバトンを渡して、新しい友好関係を育み始めています。
2017年 劇団竹竹「マクベス」を札幌で公演
2018年 yhs「白浪っ!」をソウルで公演
そして今年、2019年は11月に劇団現場「ジャンク・クラウン」が札幌に来てくれることになっています。

日韓両国政府の関係が、どこかギクシャクしていますが、こんな時だからこそ!私たち北海道の演劇人はこれまで継続してきた心と心をつなぐ演劇の交流を、今後も継続・発展させてゆくことを固く誓い、今年も韓国の演劇人が北海道に来てくれることをとても楽しみにしています。
大歓迎いたしますので、どうぞ安心してお越しください。
2019816

公益財団法人 北海道演劇財団

理 事 長 秋山 孝二
芸術監督 斎藤 歩
한국소극장협회 여러분, 안녕하세요.

잘 지내시지요?

저희는 올해 11월 여러분을 삿포로에 모실 수 있는 걸 기대하고 있습니다.
저희 홋카이도연극재단은 한국 연극인들과 오래 동안 교류를 해왔습니다.
수많은 한국 연극인을 홋카이도로 초청했습니다만, 아래에서 소개한 작품들을 홋카이도 관객들이
즐기며 봤습니다. 그 모두가 아주 흉륭한 작품였습니다.

저희는 한국 연인인 여러분과 홋카이도 연극인이 맺어온 우정이 앞으로도 변하지 않다고 밑습니다.

그리고 양국 개개인이 연극을 통해서 우정과 신뢰를 쌓여온 것을 자랑스럽게 생각합니다.
이제까지 다음 작품으로 한국 연극인들이 홋카이도에 와줬습니다.

2007 극단 청우 <발자국 안에서>

2009 TPS+극단청우 <게와 무언가>
2010 바다와 문화를 사랑하는 사람들 <그 섬에서의 생존 방식>
2012 극단 십년 후 <나비, 날아가다>
2013 극단 시선 <폐희>
2014 프로젝트 아일랜드 <아일랜드>
극단 가변 <왕녀 메디어>

2015 극단 테아트르 고도 <하이엔>

프로젝트 아일랜드 <아일랜드> 재공연
2016 극단 청우 <내 이름 강>

2018 극단 청우 <그게 아닌데>

홋카이도에서도 여기서 탄생한 작품을 한국으로 보냈습니다.

2008 TPS< 봄의 야상곡>

2011 TPS+극단청우 <게와 그녀와 이웃 일본인>
2013 삿포로좌 <거북이, 혹은…> 대학로 소극장 폐스티벌 D-FESTA 참가
2014 삿포로좌 <거북이, 혹은…> 서울연극제 참가
2015 쓰루마키 악당 <죽고 싶은 놈들> 대학로 소극장 폐스티벌 D-FESTA 참가
2017 햄 프로젝트 <카라쿠리 누드> 대학로 소극장 폐스티벌 D-FESTA 참가

2017년부터는 홋카이도연극재단과 한국소극장협회와의 우효관개를 발전시켜 삿포로극장연락회라는
더 폭넓은 단체에게 교류의 바튼을 넘기고 새로운 우효관개를 키우기 시작했습니다.

2017 극단죽죽 <맥베스>를 삿포로에서 공연

2018 yhs< 시라마밋!>을 서울에서 공연
그리고 올해 201911월에는 극단 협장 <장크 클라운>이 삿포로를 방문합니다.

일한 양국 관계가 왠지 월활하지 않지만 이런 시기라서 저희 홋카이도 연극인들은 이제까지 계속해온 연극 겨류를 앞으로도 반전해가는 것을 굳게 맹세하며, 올해도 한국 연극인들이 오시는 걸 기다리고 있겠습니다. 대환영입니다. 마음 편하게 오십시오.

2019814

공익재단법인 홋카이도연극재단
이사장 아키야마 고지

예술감독 사이토 아유무

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
すると、韓国小劇場協会からも次のような、素敵なメッセージが届きました。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
公益財団法人北海道演劇財団
秋山孝二 理事長
斎藤歩 芸術監督
こんにちは。
韓国小劇場協会の理事長を任されているイム・ジョンヒョクです。
憂慮いただき、心から感謝いたします。
当協会も北海道演劇財団との持続的な友好関係を望んでいます。
私たちは政治家ではありません。アーティストです。
文化交流を通じて日韓の関係が平和になることを願っています。
また、当協会も北海道演劇財団との友情と信頼を大切に思っています。
11月の来札の際、皆さんと会い、幸せな時間を過ごせると信じています。
あらためてお心遣いに感謝の意を表します。
幸せな出会いのために!
韓国小劇場協会
理事長 イム・ジョンヒョク
私たちは、11月の札幌劇場祭TGRで公演してくれる、韓国の演劇人の皆さんを、心から歓迎します。
 先日、韓国で公演した札幌のユニットも現地で大歓迎だったようです。
 「私たちは政治家ではありません。アーティストです。文化交流を通じて日韓の関係が平和になることを願っています。」、心に響く言葉ですね。