ロンバー・オディエ セミナー 2018

Posted by 秋山孝二
Categorized Under: 日記
Comments: 0

 今年のロンバー・オーディエ(https://www.lombardodier.com/home.html)のカンファレンスは、「222周年記念 RETHINK EVERYTHING」をテーマに、日本で開催されました。

< これまでの記事>

* 2015 http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=24868

* 2016 http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=28015

http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=28017

* 2017 http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=31853

 プログラムは多彩で、フィールドワークとして伝統的日本建築を保存するNPOの活動紹介、東京都内の民家でライブと保存活動のご紹介でした。

 ビオラとピアノのコラボ、テーマは作曲家シューマン。アンコールには「トロイメライ(https://www.youtube.com/watch?v=i2K5-x2BgPQ)」も。

 終了後は、場所を代えて日本食の紹介を兼ねた優雅な昼食タイム。

昼のパーティ会場

昼のパーティ会場入口で

 前日に開催された「次世代フォーラム」では、私の長男もパネリストの一人として、アジアの次世代とともに登壇しました。

次世代パネルに長男もパネリストとして登壇

次世代パネルに長男(右端)もパネリストとして登壇

 このところ毎年このフォーラムに参加していますが、今年は特に、タイからの若い世代の参加が多く、躍動していました。投資サイドからのパネルディスカッション、様々のセクターの世界的潮流を垣間見たひと時、時代の流れを的確につかみ取りたいとあらためて感じた次第です。