語る、拓銀最後の頭取 河谷禎昌さん!

Posted By 秋山孝二
Categoirzed Under: 日記
0 Comments

 札幌北高同窓会(http://satsukita-doso.net/page/)の方からご案内を頂き、「北海道拓殖銀行の最後の頭取・河谷禎昌さんと語る会」に参加しました。開始前にしばし河谷さんとお話と握手ができ、大変な人生を歩まれたにも関わらず、昔と変わらぬお人柄に心から感動しました。

 今年3月に出版したご著書。奥様のお話等、この間の経過も含めて渾身の力を感じました。

 会の冒頭には前同窓会長で現在札幌商工会議所会頭の岩田圭剛さんがご挨拶。講演後の質疑応答でも突っ込んだやり取りがあり、特に5歳年上の奥様のお話には会場から爆笑でした。私が河谷さんとゴルフ・お話をしたのは今からもう20年以上前のことですが、全く変わらぬ明るさと覚悟のできた変わらぬお人柄に触れて、何か人間としての矜持を感じて、帰り道でも何回もご発言を反芻して家路につきました。人間の尊厳、その素晴らしさでしょうか。

世話人代表 岩田圭剛さん

世話人代表 岩田圭剛さん

元気いっぱいの河谷昌さん

元気いっぱいの河谷禎昌さん

変わらぬお人柄

変わらぬお人柄

 札幌グランドホテルのビジネスギャラリーには、私の家族の養子縁組(野田姓から秋山姓への変更)披露宴のメニューが展示されています。まさに貴重な記録であり、大切な歴史の経過を実感する思いです。私の子供たち、孫たちにも是非見せておきたいものです。

懐かしの「秋山家メニュー」

懐かしの「秋山家メニュー」

ギャラリーにならぶ秋山愛生舘年史

ギャラリーにならぶ秋山愛生舘年史

 札幌北高同窓会の皆様には、私の叔母・和久奈ちよの夫の彫像設置でも大変お世話になりました。設置後も毎年、同窓会のボランティアの方々が彫像を磨いて手入れして頂いているようです、有難いことです。

* http://blog.akiyama-foundation.org/weblog/?p=10890

Comments are closed.